2015年06月10日

TIMでSIMカードを買う

やっぱり現代っ子なので、私も例によって携帯なしに生活はできない人間です。
そこで、実はヴェローナに着いた翌日にはTIMというイタリアのdocomoみたいなところに行ってSIMカードの契約をしました。

まだまだイタリア語もわからず、英語プーな状態でしたが、ほしいモノだけはインターネットであらかじめ調べて行って、あとはお店の人次第(笑)

私のしたいことは
1.インターネットだけ使いたい!
2.通話はしない!
3.Wifiルーターにいれる!

今回の5か月間の作戦はiphoneは使いたいからWifiを使う。電話はイタリアではインターネット回線のものしか使わない!です。
私がiphoneにした時、日本ではiphoneのSIMフリー版はまだ一般的でなかったのでもちろんdocomo専用を使っていました。それなので別にSIMフリーのWifiルーターをあらかじめ日本で購入しておき、現地でそれをレンタルWifiのように使っていたのです。

イタリア生活の相棒。こいつのおかげで随分楽に過ごせました。
IMG_1575[1].JPG

TIMのお姉さんにこれを見せて、留学2日目の拙いイタリア語で必死に訴えたら、旅行者と思ったのか住所、税務番号等々まで適当にお姉さんが処理してくれました。本当はダメだと思うんですけども…ありがとうお姉さん(ただしこのおかげで最初にどんな設定かわからず後々大混乱)


私の使っていたコースは、TIM ZeroScatti New というベースプランに、Internet start×2という30日間4GBまで高速通信(それ以上はゆっくり通信)で10€というコース。
ただし最初の月はSIMカード代、事務手数料、私がミスして変な使い方したせいで50€くらいかかりました。
まあ、いろいろ初めてだし、残りの月は月額10€しか払っていないので結果的にもまだまだお得ですね!

最初にミスした…というのも、イタリアの携帯会社はプリペイド式で日本と全然システムが違うんです。
“クレジット”という各回線のお金の残高があり、そこからコースの月額利用料や設定によっては個々の通話・通信費が引かれていきます。
そのクレジットさえ残っていれば、例えば私の場合4GB以上使ってもゆっくりではあるものの通信はできますが、もしクレジットが0になると4GB使い切っていなくても回線がストップして一切使えなくなってしまうのです。

そうならないために事前にチャージしておかなくてはなりません。通称リカリカです。なかなかかわいい名前。
イタリアではTIMのショップ、タバッキ、スーパー、電話、インターネットなど様々な方法でリカリカできます。
ただしポイントはクレジットが0になる前にリカリカすること!!
もし0になってしまうと、全く使えないばかりか回線を復旧させるために余分にクレジットをとられます。確か5€だったかな。


そしてもうひとつ大事なのがAPN。でも購入後の設定でAPNを入力の仕方についてインターネット日本人の書いたページを見る限り、
ibox.tim.it派、wap.tim.it派、何も入力しない派
と、分かれています!
ちなみにそこで私は初期設定を間違ってしまい、購入後1週間と持たずにクレジットを失ってしまったようです…。
APNは買ったお店で確認するのが一番良さそうですね。そう、ここはイタリア…。調べるより人に聞くのが早い国なのです。


あと、知っておきたいのはTIMのHPで残りのクレジット、データ量を確認する方法。
TIMのHP内のarea clienti 119(http://www.tim.it/area-clienti-119)というページで確認できます。
最初にTIMから来るSNSにログイン用の仮のユーザーネーム等書いてもありますが、便利なのはPC用のTIMのHPを直接開く方法。自動でログインしてくれるのです。
私の場合スマホ用のページも初めは自動ログインしてくれていましたが、ある日パスワードを要求するようになり、PCサイトからパスワード等再設定しました。


とまあ、TIMの話はこんなところでしょうか?
なんにせよ安心して日々の留学生活、南イタリア旅行等ができたのもTIMのおかげ。Grazie,TIM!!

あ、契約の際にはパスポートをお忘れなく!


posted by さゆりん at 04:11| Comment(0) | イタリア留学記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。