2011年02月28日

パンツ事件

ある繋がりでちょっと知った飲食店に行った時の事。



私たちは二人連れでご飯を食べていて、隣にも男子学生の二人連れがいて熱い理想のライブ論を語り合っていましたぴかぴか(新しい)

私はソファー席側で店内が良く見えたので、歌い手は大抵そうだと思いますが趣味の人間ウォッチングをして楽しんでいましたグッド(上向き矢印)


すると、目の前を話したことある男子店員が通ったのですが…何かおかしい……。


私はあることに驚いて連れにひっそり言いました。
「ねぇねぇ、パンツ見えてるexclamation×2
「ほらあの人、今、見た見た??(笑)」

連れも
「ホントだ。腰パンみたいになってるじゃんexclamation


その後もその店員がホールにいる間中パンツが心配で気になって仕方ない私…。
だってそのままズボン落ちちゃったらどうするんだろう?とか、ちょっと色落ちしてるけどとか…変に知ってると余計に気になってしまうでしょ?ふらふら


数分経ってその店員がパントリーに一旦引っ込んだ後、しばらくして出てきましたたらーっ(汗)
すると、今度はシャツを出してパンツを隠してるexclamation×2exclamation×2


私は連れに聞きました。
「気づいたのかなexclamation&question

すると連れが、
「店員さんが通りすがりに聞こえるように、パンツ出てるって言ったから気づいたんじゃない?」

「そっか、恥ずかしかっただろうねあせあせ(飛び散る汗)




なんて話をしていたら、店を出た後に連れが、
「というか、さゆりがパンツ出てるって言い出したとき、隣の人がすごい目で見てたよ。何言ってんだって言わんばかりに(苦笑)」
「えexclamation聞こえないように言ったつもりだったのにがく〜(落胆した顔)

連れ「声でかいんだから丸聞こえだよたらーっ(汗)

ええええええexclamation×2exclamation×2パンツ、パンツ言ってたのが聞こえてたですとexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)
「はずかし〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


連れ「こっちの方が恥ずかしかったわふらふら

そんなこと早く言ってくれないとあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


連れいわく、隣の人も食後におしゃべりしてる状態だったので、その話に乗る方向で恥ずかしさをごまかす作戦に出たそう…。
でも私はずっと馬鹿みたいにパンツを気にしてばかりがく〜(落胆した顔)


これってパンツ出してた人より、一番恥ずかしいの私じゃん…もうやだ〜(悲しい顔)なんだこれバッド(下向き矢印)最悪ですふらふら


posted by さゆりん at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。